メニュー 閉じる

About よもぎ蒸しとは

いいものを体の中に吸収して健康に

よもぎを中心に数種の韓方を煮出し、
その蒸気で下半身を蒸すという
韓国に数百年も前から伝わる民間療法です。
発汗により老廃物を出し、
膣の粘膜から方の成分を吸収します。
子宮を温め、血の道を調えることから
婦人病によいといわれています。

Point
01

骨盤内・体の芯を温める

冷え性でもいつも手足や背中が冷たい。それは体の芯=内臓器官が冷えて血液の流れが滞っているからです。よもぎ蒸しはカラダを内側から温めることで、子宮などの内臓器官を温め末端への血流を促進します。

Point
02

デトックス・発汗・美肌

よもぎの蒸気で体全体を蒸すことで大量の汗をかくことができます。
汗とともに体に溜まった老廃物をたくさん排出します。また、新陳代謝が活性化しますので、むくみやお肌のお悩みにもオススメです。

Point
03

いいものを皮膚から吸収

人間の体は皮膚からいろいろなものを吸収しています。その中でも内臓器官に直結する粘膜は最も吸収がよいといわれています。よもぎ蒸しは子宮に直結する膣に蒸気を当てます。だから女性の体を癒すのです。

Power よもぎ+韓方のチカラ

お灸に使うためにモグサや灸草の別名を持つよもぎ。

よもぎは古くから、血にまつわる症状に使われています。

冷えによるお腹の痛み、月経不順、

不正子宮出血、安胎下血、吐血、下痢などその効能はたくさんあります。

よもぎの効能は韓方では「気血を調える」とあります。

その他、補血に大きな力を発揮する韓方をブレンドしております!

気はエネルギーの源、血は各臓器に必要なものを送り届け、

気とともに精神活動の基礎とされています。